プチうつ解消 〜アロマテラピー編その3

リフレッシュ効果のあるアロマオイル
「♪」の数が多いほど、リラックス効果が期待できます

スイートオレンジ/♪♪♪
スイートオレンジは憂うつな気持ちを和らげ、リフレッシュしてくれます。誰にでも好かれる香りを放つオレンジは、神話の中に頻繁に登場します。
女神アフロディーテに捧げられたことでも知られる黄金のリンゴは、実はオレンジだったそうです。

ローズマリー/♪♪♪
ローズマリーは「海の雫」を意味するロスマリヌスが名前の由来です。古代ギリシャでは学生の髪飾りとして利用され、記憶力の象徴でした。
最近、ローズマリーが記憶を司る中枢に働きかけることが医学的に証明されました。また、殺菌、消毒効果が高く、有機栽培農園では作物の周囲に植えられています。

ペパーミント/♪♪♪
ペパーミントはメンソールの強い香りが特徴です。集中力を高めたいとき、眠い朝のお目覚めには最適です。
ローマ人たちは冠にペパーミントをつけて宴席にのぞんでいたそうです。

クラリセージ/♪♪
クラリセージはラテン語で「明るい、清浄な」を意味する『クラルス』から名付けられています。
ナッツのような芳醇な香りと、微かにマスカットに似た甘い香りが特徴です。
脳内でβエンドルフィンの分泌を促す作用があり、うつを取り除き、気持ちの高まりを促してくれます。

ユーカリ/♪♪
ユーカリはコアラの主食として有名です。清涼感漂う香りは気分をリフレッシュしたいときには最適な香りです。
また高い殺菌効果をもつことが知られており、オーストラリアの原住民アボリジニの間では感染症の治療に使われていました。

ティートリー/♪♪
ティートリーはツーンとした清潔な香りが特徴です。気分転換したいとき、さっぱりしたいときにはうってつけです。キャプテン・クック船長がオーストラリアの先住民から飲まされたお茶の木から名づけられました。
殺菌・消毒効果が高く、第二次世界大戦中は工場で治療用に使われていました。

グレープフルーツ/♪♪
グレープフルーツは食卓にもお馴染みの香りです。
学名paradisiは「天国の禁断の果実」という意味です。
ダイエット効果もあるといわれている香りは、気分を明るくしてくれます。