往診の診察の際、家族が相談する事もできますか?

生活環境として家族関係はとても大きい要因です。閉居がちに過ごしているのであればその影響はなお大きなものになります。
本人を取り巻く要因の一つとして、ご家族様からのお話を聞く事はもちろん必要なことです。
しかし、主体はあくまで本人であり、家族が困っている事をどうにかしようとするのではなく、本人か困っている事を第一に考える視点が重要です。
訪問での診察の時間が限られているという事もありますが、目標を本人・治療者・家族間で共有する為の補助的な相談だという事をご承知下さい。