ひきこもり訪問診療

「ひきこもり」訪問診療(往診)について

方針イメージ

さくらクリニックでは、ひきこもり状態にある方への訪問診療を行っております。

「ひきこもり」とは一般的に、様々な要因の結果として自宅等に引きこもって6ヶ月以上社会参加しない(そして家族以外の人間関係がない)状態を指します。 精神疾患によって「ひきこもり」状態が生じている場合もあり、鑑別には専門家による診断が不可欠となります。


当院訪問診療の対象となるのは、次のような状態の方です。

対象

・精神疾患を疑わせる様子は明らかには見受けられないが、心理・社会的要因がきっかけと思われるひきこもりがちな生活をしている方
・今まで精神科などへの通院歴や診断を受けたことはないが、精神疾患を疑わせる症状がみられる方
・精神疾患で通院していたが病状や環境の変化によりひきこもりがちになり、通院できなくなってしまった方
なお、身体状態の低下や認知症により精神科通院が困難となった方からのご依頼は従来通り、通常往診で承っております。

適用条件

・ご本人の希望・同意
・継続往診のご意向(診断だけつけてほしい等の単発依頼ではないこと)
・決まった曜日にお伺いする定時診療で行えること(即時対応・緊急対応は致しかねます)

往診のご依頼はご本人及び、ご家族や支援機関のご担当者からのご相談でも可能ですが、問診情報とスケジュールが整い次第、初回訪問時にはすでにご本人とお会いできる段階にある場合に限らせていただきます。
そのため、往診に関して本人のご希望・同意もしくは最低限、拒否がないことが条件となります。
まずはご家族が往診について話を聞きたいといった段階であれば当院外来にて精神保健福祉士による家族相談として「相談室面談」¥5,000+外税(自費保険外)にて承ります。


訪問診療までの流れ

ご依頼(まずはホームページ内「お問合わせ」かお電話にてご連絡下さい)

問診聞き取り(本人・家族・関係機関より)

往診可否決定

訪問開始日調整
(最短でも2週間程かかります)

訪問診療・訪問看護開始

よくあるお問い合わせ(FAQ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です