うつ病の基礎知識

うつ病の基礎知識
<1>うつ病とは?
「うつ病はこころの弱い人がなる病気」と誤解されがちですが、実は、しっかりとした治療が必要なからだの病気です。

うつにみられる症状
こころ
・憂うつな気分が続く
・やる気がなくなる
・判断力、決断力が低下する
・物事に集中できなくなる
・自分を責めてしまう
・死にたくなってしまう

からだ
・眠れなくなる
・食欲がなくなる
・疲れやすく、からだが重く感じる
・頭や背中が痛くなる
・便秘、下痢が続く
・動悸やめまい、しびれが出るなど

   うつ病は、身近な人を亡くす、離婚するなどの“喪失体験”や、転職、引越しなどの環境の変化、あるいは、結婚、昇進といった明るい出来事も発症のきっかけとなります。
   また、完ぺき主義的な考え方をする、白か黒かはっきりさせないと気がすまない、こだわりが強い、自分に自信が持てずに他人の評価を気にし過ぎる、感情表現が苦手などの個人の性格も影響します。

<2>うつを治すには?
1.しっかりと休養する
まずは、抱えている仕事や家事などからいったん離れて、十分にこころとからだを休めるようにしましょう。
2.くすりを飲む
うつ病は、神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことが原因と考えられています。このバランスを整えるためには、抗うつ薬を服用する必要があります。抗うつ薬は、効果が現れる前に、眠気や口の渇き、便秘などの副作用が出ることがありますが、最近では、そのような副作用の少ないSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)といった薬が広く用いられています。予防的な意味もありますが、病状が安定しても、ある程度の期間くすりの服用を続けることが大切です。
3.カウンセリングを受ける
うつに傾きやすい性格を変えるためには、くすりによる治療だけでなく、カウンセリングによる治療(心理療法)も有効です。物事に対する考え方の“ゆがみ”を修正し、行動に反映させていく認知行動療法がその代表で、その他にも、うつ病に対する理解を深めたり、周囲にいる人のサポートを促す心理教育や、仕事や対人関係上の悩みといった現実的な問題の解決をはかるケースワークなどがあります。さらに、筋肉を弛緩させ、からだの緊張をとることで気持ちを安定させるリラクゼーション法も効果的です。